『パシャ★モン』プレイヤーズサイト

お知らせ

お知らせ

キサキのバトル情報局!-ステータス異常解説:「毒」「ワナ」「呪い」について-

  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア
キサキ

第3回目のレポートは、バトル中にHPが減ってしまう「毒」「ワナ」「呪い」について説明するぞ。

『毒』状態について…

キサキ

モンスターが『毒』状態になると、場に出ているときに最大HPの「およそ15%」分のダメージを受けてしまう。『毒』のダメージを受けるのは場に出ているときだけなので、場からさげるほうが賢明だろう。
ただし『毒』によってHPが失われるタイミングはラウンドの最後だ。相手を倒せるチャンスなら『毒』のダメージを覚悟して攻撃する作戦もあるぞ。

キサキ

『毒』状態は、さまざまなスキルで発生させることができるが、「ネプチューン(SSランク/やみ)」「闇の沼」「ボルケイタス(SSランク/ほのお)」「大噴火」は、控えのモンスターも含めた相手全員に毒を与えられるため、非常に強力なスキルだ。
そして「ルナムーン(Aランク/やみ)」「ダークマター(Sランク/やみ)」は、毒の効果が1.5倍となるリーダースキルを持っている。相手の「ちから」を下げるスキルと連携し、長期戦で相手のHPを削るバトルに持ち込むのも良い作戦だ。

『ワナ』状態について…

キサキ

『ワナ』は、相手チームのフィールド全体に発生するステータス異常だ。ワナをしかけられたチームのモンスターは場に出るたびに、最大HPの「およそ30%」分のダメージを受ける。
しかも「毒」とは違いラウンドの最初にダメージを受けてしまう。HPが残り少ないモンスターの場合、何もしないまま倒れてしまうこともあり得るんだ。

キサキ

『ワナ』は、「毒」や後述の「呪い」といった、他のダメージ系ステータス異常と組み合わせると、とても凶悪な効果になる。
ステータス異常を複合して受けてしまったときは、こまめにモンスターを交代させずに、あえて単一モンスターに耐えさせラウンドが経過するのを待つ、という作戦も考えられる。

『呪い』状態について…

キサキ

HPが失われるステータス異常、最後は『呪い』の説明だ。
「毒」や「ワナ」と違い、『呪い』は残りのHPが半分になってしまう。つまり、相手のHPが多いときほど、大きな効果を期待できるというわけだ。特にHPの高い相手に有効と言えるので相手が守り重視のチームの場合は、積極的に使っていこう。

キサキ

ちなみに、特殊なスキルとして「デモリリス(Aランク/やみ)」「死のキス」がある。「死のキス」は、自分は倒れてしまう代わりに相手の残りHPを一気に「10%」にしてしまうとんでもないスキルだ。HPの高い相手に狙ってみよう。


PAGE TOP